wp_schedule_eventで擬似的にcron処理を行う

レッスン予約システムについてのメモです。
講師のスケジュール情報を定期的に削除するために、wp_schedule_event() を使います。wp_schedule_event() で登録されたアクションは、誰かがサイトを訪れたときに、予定されていた時間を過ぎていれば実行される、という仕組みです。

 

ベーシック認証(アクセス制限)は無効にします。
ベーシック認証が有効になっていると cron処理が実行されません。

 

イベント登録状況の確認

イベントの登録状況を確認するために、Cron View というプラグインを使用しました。

イベントの実行間隔は、”hourly”, “twicedaily”, “daily” のいずれかを指定しますが、より短い実行間隔を追加して、イベントが正しく実行されているか確認しました。

 

参考にした記事

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です